投資家の皆さまへ

トップページ > 投資家の皆さまへ > Meet the CREEK & RIVER > C&Rグループの強み・特徴

C&Rグループの強み・特徴

C&Rグループの先見性 ~日本初のプロフェッショナルのネットワーク化

C&Rグループは、プロフェッショナル分野に特化したエージェンシー事業を日本で先駆けて展開し、プロフェッショナルに対する仕事の紹介、プロフェッショナルを組み合わせたプロジェクトの組成により収益を得るエージェンシー事業のみならず、プロデュース、ライツマネジメント等総合的なサービスを提供しています。

C&Rグループの定義するプロフェッショナルとは「世界中で活躍できる」「機械では決して代わることのできない」「知的財産が蓄積される」方々のことです。

C&Rグループの最大の強みと特徴は、「クリエイティブ」「医療」「IT」「法曹」「会計」「出版」「建築」「ファッション」「食」「研究」の10分野で、それぞれの産業の核となるプロフェッショナルをネットワークしていることにより、その分野にて無限の可能性が広がっています。

また、上記10分野に特化したエージェンシー事業だけではなく、プロフェッショナルの方々の権利を資産化するライツ・プロデュース事業を展開していることも特徴です。プロフェッショナルの方々の生涯価値を最大化するため教育・研修の機会の提供も行なっています。

C&Rグループの事業拡大力~グループ経営により、アジアを中心に海外展開

C&Rグループはクリエイター・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社を中心として、グループ経営を推進し、順調に事業を拡大しています。

また、クリーク・アンド・リバー社の韓国と中国の現地法人を核として、アジアを中心とした海外展開に注力しています。

C&Rグループの事業開拓力~社会的ニーズを先取りして先攻

創業期から展開するクリエイター・エージェンシー事業が安定的に成長しているばかりではなく、近年事業を開始した法曹分野、会計分野、医療分野も順調に事業を展開しています。

今後、現在の10分野に加え、さらに新たなプロフェッショナルを対象にしたエージェンシー事業の展開も目指しています。

市場におけるC&Rグループの位置づけ

例えば、新聞のテレビ番組欄に掲載されているNHK・民放キー局のテレビ番組のうち、約45%もの番組に、C&Rグループ所属のクリエイターが携わっています。韓国におけるテレビ番組シェアはさらに高く、実に80%もの番組シェアを誇ります。
また、日本全国におよそ19万人いる医師(勤務医)のうち、C&Rグループのネットワークする医師は、約82,000人。43%のシェアを占めるまでにネットワークが拡大しています。同様に弁護士、会計士のネットワークも順調に拡大が進んでいます。

C&Rグループは、それぞれのプロフェッショナル分野において高いシェアを持っていますが、我々の市場は単なる人材市場だけではありません。産業の核となるプロフェッショナルネットワークを持つことにより、市場は無限に広がっています。